生理痛との上手な付き合い方

生理痛と上手に付き合う女性

女性は人生の大半の時間を生理周期と共に過ごさなければいけないので、毎月対処してなるべく快適に暮らせるようにする工夫が必要です。
生理前のイライラや不安感、生理中の痛みや下腹部の不快感、ホルモンバランスの変化によるむくみや頭痛などさまざまな症状があるので自分の体質を知って上手に付き合っていかないと毎月苦労することになってしまいます。
生理痛は特に多くの女性が抱えている悩みで、生理が始まる前から感じる人や最初の数日間だけある人や生理期間中ずっと痛みが続く人などさまざまです。
特に痛みがひどいときは立っていられないくらいで、めまいを起こして倒れてしまう人もいます。

生理痛と上手に付き合うには自分がどんなタイプなのかを知っておくことが大切です。
最初の日だけ激痛があるならそのときに痛み止めを飲めば対処できるので、ひどい生理痛には鎮痛剤を用意しておけば痛みを感じずに生活できます。
生理が始まる前から痛みや不快感があるなら体質を根本的に改善するための漢方薬を飲んで冷え性やホルモンバランスの乱れを調整していくと症状が緩和される可能性があります。
常に不調を感じているなら骨格や体質に問題があるかも知れないので骨盤矯正のヨガを行ったりストレッチやマッサージをしたりすることで体調を整えることができます。
あまりにも生理痛や生理前の症状がひどい場合には何か別の病気が隠れていることも考えられるので、一度婦人科のクリニックを受診して調べてみたほうが確実です。
生理痛にはいろいろな種類があり、度合いや頻度が人によって違うので自分はどんな体質なのかを見極めて有効な薬や運動、マッサージなどを活用すれば症状を和らげることができます。

生理不順には種類があった?

生理不順の種類を説明する女性

女性なら誰でも一度は悩まされる生理不順。
生理が始まったばかりの思春期~閉経を控えた方と年齢層は幅広いものの、原因は違えど生理不順の種類はある程度決まっています。
各年齢やその人の現状に応じての対処法や要因は違いますが、生理不順にはどの様な種類があるのでしょうか。

・「過多月経
レバーのような形状で多い出血が続く状態です。
これが長く続くと貧血の原因になります。
精神的なストレスが原因となる場合が多いのですが、子宮筋腫など実際に自分に起こっている病気から発生するパターンもあります。
貧血にはならないものの長く続いている方は病気の可能性があるので、すぐにクリニックに通い診断してもらいましょう。

・「過少月経
上記の過多出血とは逆に出血量が少なすぎる症状です。
原因は色々考えられますが、病気の場合だと子宮内膜症や無排卵出血からくる可能性が高いです。

・「月経困難症
日常生活に支障をきたすほどに激しい痛みを伴う出血です。
仕事や家事をするにあたり、痛みからその行為が困難となり、あまりのも痛みが激しい場合は救急車を呼んで搬送されることも少なくありません。

他にも生理が始まったばかりの若い人に起こる若年性出血、その逆でいつ閉経を迎えてもおかしくない年齢の方に起こる更年期出血など色々あります。
それぞれ年齢や出血量、生理が来るタイミングなどで大きく異なるので自分がどの生理不順パターンに当てはまるかを考えてみましょう。

生理不順は大抵の場合、ストレスや疲労からくる女性ホルモンバランスの乱れから起こります。
これらを改善する為に自分で出来る息抜き方法を無理がない程度に取り入れたり、婦人科で処方される女性ホルモン補充薬を使用すると良いでしょう。 女性ホルモンが不足すると様々な女性特有の様々な病気を引き起こします。プレマリンという女性ホルモン補充薬は、女性ホルモンの一種であるエストロゲン(卵胞ホルモン)を補います。 エストロゲンが少なくなることによって起きる更年期障害にも、使用されてますので女性ホルモンを補いたいという方は安心して使用できるでしょう。 また、プレマリンを通販で購入することも可能です。
自分に合う生理不順を少しでもやわらげる方法を見つけていきましょう。

生理痛や生理不順にはピルが効果的

ピルを飲む女性

そもそも生理のメカニズムは子宮内膜がはがれ落ち、体外へ排出されることで生理の出血が起こります。
生理周期は人それぞれ異なりますが通常は25日~38日で次の生理がおこります。
生理が起こる時には、女性ホルモンの分泌に変化が起こり、エストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンの分泌によって、卵胞が大きくなって排卵し、子宮は受精卵の育成のための準備をして妊娠に適した状態となります。
妊娠をしなかった場合は、不要になった子宮内膜ははがれ落ちて、血液とともに体外へとはがれ落ちて生理となります。

生理痛が起こる原因は、妊娠しなかった場合に不要になった粘膜を排出するときに子宮内膜からプロスタグランジンというホルモンが分泌されます。
このプロスタグランジンは子宮を収縮させて不要になった粘膜を血液とともに体外へと押し出す働きをする際にプロスタグランジンの分泌量が多すぎると、子宮の収縮が必要以上に起こり生理痛がおきてしまいます。
そのほかにも、子宮の発達が未熟であったり、肉体的・精神的なストレス、病気による痛みなども原因と考えられ、冷房などで身体が冷える、血流が悪くなり痛みを強く感じる場合があります。

また生理が予定通り来ない生理不順も起こる可能性があります。
生理不順が起きてしまうといつ生理が来るのかがわからなくなり、せっかく立てた予定と生理が被ってしまうこともあり、困って女性も多いことでしょう。

そんな時に役立つのが低用量ピルです。
低用量ピルは、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが配合された薬です。
毎日1回服用することで、排卵を抑制し、子宮内膜の増殖も抑えて避妊効果を得ることができますが、避妊薬だけではなく生理痛や生理不順、PMSや子宮内膜症などの緩和にも効果が期待できます。
低用量ピルは体の負担が少ないピルですが、さらに副作用の少ない超低用量ピルというものも存在します。
代表的な超低用量ピルのヤーズは生理痛や生理不順緩和に用いられることが多く、人気のピルです。
改善策の一つとして、ピルの服用を考えてみても良いでしょう。
ただ、服用する際は静脈血栓症などの疾患を引き起こすリスクが多少なりともあるということは覚えておきましょう。