生理不順に効くゲスターゲンの適量

悩む女性

多くの女性たちが毎月の生理不順に悩みを抱えています。生活習慣の乱れやストレスなどによってホルマンバランスが悪くなり、決まった日にちに生理がこないケースも少なくありません。そんな深刻な悩みを解消してくれるのが、ゲスターゲン療法なのです。
ゲスターゲンを5日から7日程度連続して飲むことによって、人為的に生理を起こすことができます。生理が起きてからゲスターゲンを定期的に服用していくことで徐々に生理周期が一定のペースに落ち着いていきます。これを繰り返すとホルマンバランスが整ってきて、代謝が活性化され血流も良くなるのです。

ゲスターゲンの量は5グラムから10グラムが適量となっています。一度に多すぎる量を服用してしまうと頭痛やめまいなどの副作用を起こすことも稀にありますので、十分に注意して医師や薬剤師の指示をしっかりと守って服用することが大切といえます。
また妊娠を望んでいる人にとっては、排卵が起こらなかった周期に強制的にリセットすることができる頼りになる味方としても広く使用されています。妊娠を望んでいない女性で無月経に悩んでいる場合にも、このゲスターゲンを用いることによって、スムーズに月経サイクルを作り出すことができるのです。通常に起こる生理と同じように消退出血を毎月定期的に繰り返していきますので、体内時計が整って体質改善にも大いに役立ちます。

このように多くの女性たちの間で悩みの種とされている生理不順の辛さを効果的に解決してくれる方法として、ゲスターゲンを用いた治療が広く行われています。決められた用法や用量を守って服用するだけで、安全にバランスのとれた体を手に入れることができるのです。