生理痛について!開始と血液は?

生理痛には個人差があり、痛みを全く感じない人もいれば日常生活が困難になり、学校や会社を休む人もいます。
生理の開始の時は、子宮が圧迫されて、子宮の伸縮が始まります。血液が落ちてくるので子宮の痛みが出始めることも多いです。
血液の量も個人差がありますが、1日目開始は血液が少なく、2日目から量が多くなってくるのが一般的です。開始時期は血液の量が少なくても、子宮から血液が排出されるため、生理痛を感じる人も多く、お腹の痛みが起き始めます。生理痛は、ひどい月と軽い月もあります。ストレスや冷え、食生活の乱れによってホルモンバランスが乱れると、生理痛が重くなる傾向にあります。特に若い女性、思春期の女性は生理周期が定まっていない場合も多く、生理痛が重くなる人も多いです。

ストレスや食生活、無理なダイエットは、生理痛がひどくなる原因になるので、日ごろからお腹を冷やさない、締め付けすぎる下着を着ないようにしましょう。毎月生理痛がひどい人は子宮内膜症や、子宮筋腫の病気が原因になっている場合もあるので、痛みが気になる人は産婦人科を受診することも大切です。痛みは生理の開始時期に起こることが多いので、つらい時は鎮痛剤を使用して、無理に我慢しないことが大切です。
体が冷えていると血行が悪くなるので、血流不足から、子宮や卵巣にも影響して、正常に働くことができなくなります。日ごろから冷やさないようにして、生理の時は、腰や、腹部を温めるようにします。痛みがひどい場合や、血液の量が多い場合は、子宮筋腫が隠れていることもあるので、痛みが長引く場合は早めに診察するのが大切です。ストレスを軽減させるように心がけて、生理の時は無理をしないようにすることが大切です。