生理痛はリングで緩和可能、クリニックに相談しよう

子宮の内膜を排出するために子宮が収縮することで起きる女性の生理痛は症状が重い人だと寝込むこともあるほどです。そんな辛い痛みを緩和する方法は代表的な方法ですとピルを飲むことでした。ピルは女性ホルモンのエストロゲンを含んだホルモン剤で服用することで子宮の痛みを和らげる効果を持っています。
しかし最近ではピルよりも効き目のある生理痛緩和の治療方法もあります。それはリングを子宮内に装着させて、ホルモンバランスを調整し生理の痛みを軽減するものです。

リングは妊娠リスクを下げることができる避妊方法として使われていましたが、生理のトラブルにも有効な方法として使われるようになりました。子宮内にエストロゲンと同じような働きをする黄体ホルモン成分のレボノルゲストレルを出すリングを入れて施術されます。黄体ホルモンでホルモンバランス整えることはピルに似ていますがピルよりもこちらの方がおすすめです。
リングで生理痛の緩和をするメリットは長期間効果が続くことと子宮に何らかの病気があっても使えるという点となります。一度子宮につけてしまえば、その効果は5年間継続します。ピルを同じ期間飲み続けるよりも、費用が安く抑えられます。経口薬と違って体に副作用が出るリスクが低いので、体に負担がかからず対策できます。ピルは子宮に病気があると使用できない場合がありますが、リングはどのような症状でも制限されることなく装着できます。

生理痛の緩和のために子宮にリングを装着してもらうには、もちろんクリニックで行うことになります。新しい方法でもあるので、受診する際には口コミで評判の良い技術の腕が高い医師にお願いすることが良いです。